News

Top > News > 配膳AIロボット「サービスショット」の取扱いを始めました。

配膳AIロボット「サービスショット」の取扱いを始めました。

2021.02.17

2021年2月20日 経済リポートに掲載されました。
(記事内容)

 

■1台3役の配膳AIロボ

サービスショット取り扱い開始

飲食業の人手不足解消に期待

 

コンピュータソフトウェア及びパッケージソフトウェア開発・販売のエコ

ー・システム福山営業所と岡山営業所はこのほど、㈱アルファックス・フ

ード・システム(小野田市)と㈱Mビジュアル(東京都文京区)が共同開

発した、外食産業の人手不足解消が期待される「配膳AIロボ・サービス

ショット」の取り扱いを始めた。

外食産業の人手不足は深刻化しており、人手不足は全産業の平均30%弱に

対し、飲食業界は80.5%と極めて高い。配膳AIロボ・サービスショット

は配膳、下げ膳、音声案内を効率的に1台で3役こなし、省人化を実現する

という。また、人と人との接触がない非接触型なので、新型コロナウイル

ス感染予防に役立つ。

配膳機能は、客が注文した食事や飲み物を指定したテーブルまで、人の歩

行速度とほぼ同じ1m/sで運ぶ。平均配送時間は約3分。

下げ膳機能は、食事の後の皿など食器類をスマートに回収する。

 

独自のLiDAR(レーザー光を走査しながら対象物に照射する自動運転

機能)ナビゲーションを使っており、歩行ルートを一度、一緒に押して歩

くと、自動的に記憶し、難しいGPS座標登録が必要ない。

また、LiDARナビゲーションとビジョンセンシングの組み合わせで、

周辺環境を認識し、障害物を回避して最適ルートで運ぶ。対人センサーを

装備しており、子どもの急な飛び出しなどにも緊急停止機能が作動する。

 

音声案内は日本語だけでなく、多言語音声対応をオプションで準備して

いる。

テーブルオーダーシステム「テーブルショット」や、セルフ会計システム

「セルフショット」などのオプションと連携させることにより、セル

フオーダー、追加オーダーの案内、セルフ会計が可能になる。

基本システム(配膳、下げ膳、日本語音声)の月額レンタル料は、

税別10万円。

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

本件に関するお問い合わせについては問合せフォームより

お願いいたします。

Contact

あなたの理想をカタチにします。
お気軽にお問い合わせ下さい。
Magic(マジック)開発のお問い合わせも
お気軽にご連絡ください。