Works

Top > Works > 食肉加工卸業者向け販売管理システム構築事例

開発者自身が語る、システム構築事例

食肉加工卸業者向け販売管理システム構築事例(トレ!トレ!Meat)

食肉加工卸業者に特化したニッチな販売システム。

仕入~加工~卸売までの業務プロセス全体にわたるトレーサビリティ情報の一元管理を実現したパッケージシステム「トレ!トレ!Meat」。食肉加工卸業者に特化したニッチな販売管理システムで、入荷、仕入、加工、計量、出荷、売上まで全業務においてサポートしています。「出荷だけの仕組みが欲しい」「計量データ実績収集だけ出来れば良い」など限定した機能だけを提供することにも対応可能。このシステムの強みや導入後のお客様の声などを営業担当の生沼敏範に話を聞きました。

導入の背景

お客様の声を吸い上げ、システムに反映。

食肉加工卸業者様向けに販売されているシステムの値段が高く、もう少しリーズナブルなシステムが提供できないかという相談を約12年前にお客様からうけたのが最初です。当初はどんなところに困っているのか、どういうシステムが欲しいのかを何度もお客様のところに伺い、徹底的にヒアリングしました。その後、弊社のパッケージ「EchoPack」をベースに理想となるシステムを試行錯誤で構築。まずは試験的に導入して、さらなる改善点や要望を明確にしていったことで、パッケージ化を実現することができました。

チェックポイント

機能を絞っての導入、
セミオーダー感覚の
カスタマイズも対応可能

ベースのパッケージは入荷、仕入、加工、計量、出荷、売上まで全業務機能が入っています。お客様の要望に応じて、"出荷・売上だけ" "入荷・仕入、出荷・売上だけ" "全業務"など機能をしぼって3つのラインナップを当初用意して喜ばれていたのですが、「計量実績データだけを取り込むシステムが欲しい」など新しいニーズも増えてきて、現在は機能を絞った8つのラインナップを揃えています。要望があれば、セミオーダー感覚で細かいカスタマイズにも対応。最初に機能を絞って導入して頂き、段階を踏んで機能追加できるのもこのシステムの特徴です。

在庫状況をリアルタイムで管理

肉の在庫や出荷状況がパソコン画面の一覧で見られるようにしています。計量されたデータは、実績連動ボタンを押す事ですぐに反映されるのも特徴。枝肉実績表画面では、在庫品はグレー、冷凍品はブルーにするなど色分けして、一目で状況を把握できるよう考慮しました。

システムが稼働するまでしっかりサポート!

システム導入して終わりではなく、きちんと稼働して成果が出るまで徹底的にサポートしています。導入当初はお客様も慣れない作業でとまどわれることもあったのですが、サポート後は「これまで20時や21時の残業が当たり前だったのが、定時に退社できるようになりました」など事務員さんから嬉しい声もいただいています。

BtoBプラットフォームとシステム連携

(株)インフォマート様が提供している"BtoBプラットフォーム"と今年の8月からシステム連携をしています。トレ!トレ!Meatから出力される出荷データを"BtoBプラットフォーム"を通じて取引先に送付したり、請求データを、"BtoBプラットフォーム"を通じて取引先に電子請求することが可能になりました。


東京事業所の生沼敏範

担当者の想い

最初のお客様に導入してから約12年。お客様の声をできる限り反映して、帳票種類を増やしたり、管理機能を強化したり、画面を見やすいように工夫するなど、よりよいものに改善していきました。お客様からは、会社のニーズにあわせて必要な機能だけに絞って導入できるのがすばらしいとお褒めの声をいただき、大変嬉しく思っています。将来的にはクラウド型での提供も視野に入れて、新たなサービス展開をしていきたいと考えていますので、期待していてください!

トレ!トレ!Meat

Contact

あなたの理想をカタチにします。
お気軽にお問い合わせ下さい。